Touring 〜 『アリランラーメン・らーめん八平』から養老渓谷への房総半島ツーリング。

2011年の秋ごろにネットメディアのROCKET NEWS24で「日本で一番行きにくい場所にある人気ラーメン店」という記事で紹介された『アリランラーメン・らーめん八平(公式サイト)』。(姉妹メディアのPOUCHでも2013年に記事化されている

実際に“日本で一番行きにくい場所”かどうかはわからないが、公共交通機関を利用する場合に限定するならば、行列のできる人気ラーメン店の中では日本でもトップクラスにアクセスの悪い場所にあるのではないだろうか。
アクセスの悪さの他に、「年老いたお婆さんと孫娘が一生懸命切り盛りしている」店内の様子や、「山の中にぽつんと建つ古民家」を利用した店構え、「ネギとニンニクがどっさりと入っている」かなり濃くて独特な味付け、「前の人と同じスープを頼まなくてはならない」暗黙のルール(真偽の程は不明)等々、SNS界隈でバズらせるには格好の要素が詰まっていることもあり、僕のSNS友達の間でもにわかに盛り上がったものだ。
が、僕の知る限りではまだ誰も行ったことは無いようだが。

GR030092

Bali 10/10 ~ 初のバリ島。最終日にタナロット寺院で夕陽を。

ぐっすりと眠って目が覚めたら旅の最終日。あっという間に3日間が過ぎた。

復路のフライトGA0880便はデンパサール国際空港を24:25に発つ深夜便なので、観光をしようと思えばたっぷり一日使うこともできる。その気になれば日中はクタのビーチでこんがり焼いて、レギャンでシーフードのディナーを食べて、その後にナイトショーを観劇してから空港に行ってもフライトにはなんとか間に合う。

<<<前回の投稿『Bali ~ 初のバリ島。テガラランのライステラス。』はこちら

IMG_9423

Bali 9/10 ~ 初のバリ島。テガラランのライステラス。

バリ島における(たぶん)一番の景勝地『キンタマーニ』を15分ほどの滞在で後にして、ライステラス(棚田)に向かう。“バリ島の世界遺産”と聞けば、僕は真っ先に美しい棚田の風景を連想していたので楽しみにしていたが、我々が向かうのは世界文化遺産に登録されているジャティルイではなく、細い川を挟んで切り立った渓谷に棚田が広がるテガラランの棚田だった。ただし、テガラランの棚田も「プクリサン川流域のスバック」の一部として世界遺産の一部と見做すようだ。

こちらよりジャティルイの方が世界的に知られている棚田だってことはホテルに帰ってからWEBで知ったことなので、この時はすっかり「かの有名な棚田」を観光している気分だったんだけどね。

<<<前回の投稿『Bali ~ 初のバリ島。コーヒー農園からキンタマーニ。』はこちら

IMG_1574

Bali 8/10 ~ 初のバリ島。コーヒー農園からキンタマーニ。

寺院の次はコーヒー農園に向かう。
「コーヒープランテーション」と聞いて、ついつい植民地時代にヨーロッパ人が現地人を酷使し搾取してきた歴史をイメージしてしまったのだが、ドライバー氏によると「バリ島には昔からオリジナルのコーヒー豆があって、自分たちで育てて来たんだよ」と聞いて驚いた。
しかしWikipediaのジャワコーヒーの項によると、やはり17世紀にオランダから持ち込まれたようだ。。

<<<前回の投稿『Bali ~ 初のバリ島。グヌン・カウィ寺院とティルタ・エンプル寺院。』はこちら

IMG_9214

Bali 7/10 ~ 初のバリ島。グヌン・カウィ寺院とティルタ・エンプル寺院。

バリ島での滞在3日目は、ホテルのスタッフがドライバーを務めるカー・チャーター(車のチャーター)の半日ツアーを申し込んだ。チャーターなのでリクエストをすれば好きな所に連れて行ってくれるのだが、バトラーからはグヌン・カウィ寺院~ティルタ・エンプル寺院~コーヒー農園~キンタマーニ~ライステラス(棚田)というルートを勧められた。恐らく定番のルートなんだろうが、このホテルが手抜きのサーヴィスを提案するはずもなかろう。
そもそも事前に観光地などをロクに調べずにバリ島へ来てしまったこともあり、特に観たいものもなかったし、観光地の位置関係もさっぱり理解していなかったので、ありがたくホテルの提案に従った。

<<<前回の投稿『Bali ~ 初のバリ島。隣村とケチャ。そして天の川。』はこちら

IMG_9145

Bali 6/10 ~ 初のバリ島。隣村とケチャ。そして天の川。

水田を離れても「水田トレッキング」はまだ続く。
ホテルに隣接する村を大通りまでブラブラと歩いて北上しながら、バトラーから村人たちの暮らしについて話を聞く。目に飛び込んできたバリ島の日常生活から、少しでも気になったことや疑問に感じたことはすぐに質問をする。

<<<前回の投稿『Bali ~ 初のバリ島。水田トレッキング。』はこちら

IMG_8858

Bali 5/10 ~ 初のバリ島。水田トレッキング。

『The Chedi Club Tanah Gajah』では、ヴィラの担当バトラーがホテルに隣接する水田をガイドしてくれる「水田トレッキング」が無料で利用できる。

バリ島のジャティルイの棚田地域は、2012年にユネスコの世界文化遺産に登録された「バリ州の文化的景観」(Wikipedia)の一部としても知られるが、そこには「トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック(伝統的な水利組合)システム」という補足が付いている。

<<<前回の投稿『Bali ~ 初のバリ島。ウブドの中心街を散策。そして凧。』はこちら

IMG_9446

Bali 4/10 ~ 初のバリ島。ウブドの中心街を散策。そして凧。

モンキー・フォレストを出たところでようやく、空港やホテルといった特定の施設から離れて、バリ島の人々が日常を営む空間に足を踏み入れることになった。
ウブドの中心街は南北に長く伸びる2本のストリートを中心に、土産物店や飲食店からタトゥーショップなどがひしめく、観光客向けの雑多な商店街といった風情だ。

<<<前回の投稿『Bali ~ 初のバリ島。ウブドのモンキー・フォレスト』はこちら

IMG_8693