Wakkanai 1/3 〜 EOS M3で旅。12月の稚内へ。

12月に入ってすぐ、ANAの国内特典航空券で稚内へ行って来た。
同じマイル数(12月はローシーズンで12,000マイルで行けた)なら遠くへ行った方が得だし、自費では行かなそうな土地に行くのが特典航空券の旅の醍醐味だと日頃から考えております。(以前の投稿『Taketomi Island 1/3 〜 石垣島から竹富島へ』)

早速稚内の空き状況を調べてみると、ANAクラウンプラザホテル稚内(公式サイト)の宿泊費が税抜で5,500円程度と格安だったし、特典航空券の空席にも余裕があったし、酔った勢いもあって(コレが一番の要因だったりして・・・)特典航空券の予約締め切り(4日前の23:59)の4分前にチケットとホテルを予約した。

出発日が近付くに連れ、なぜホテルが安くてフライトの空席が多かったのかが、よ〜くわかって来た。

Haneda International Airport

「現地ではレンタカーを借りたほうが良いかな?」てな感じで翌日から観光情報を調べ始めたんだけど、出るわ出るわネガティブな情報やらアドバイズが。
その理由は大別すると
・稚内空港は欠航率が日本でワースト2位(1位は青森とか?)
・著名な観光地や飲食店は冬期は閉鎖していることが多い
・雪がすごいので、アイスバーンでの運転に慣れていない人はレンタカーを勧めない
といった感じ。そりゃ空いてるわなぁ・・・。

実際フライトの前日にANAから「(霧のため)天候調査」のメールが届き、欠航するかどうかは定刻の50分前に判断すると書かれてあった。となるとキャンセルも延期も無料でできる。復路のフライトだって飛ぶかどうかわからないので、当日の朝にシャワーを浴び終えるまで悩んだが、行くことにした。決めた理由は特にない。

空港に着いてアップグレードポイントでプレミアムクラスに変更してもらい(これで年内にポイントを使い切れた)、現地でレンタカーを予約しているのでビールを我慢しながらラウンジで待っていると「条件付き運航」の報せが届いた。
とりあえず飛んでみるけど、現地の天候次第では千歳空港にダイバートするか羽田に引き返すかもしれない、という条件付きだ。
どっちに転んでも旅を楽しもう、とぼんやりと考えながらB737に向かうバスに乗り込んだ。

IMG_0690
さほど気流に揺られることもなく到着。稚内便は1日に1便しか飛んでいないので、現地では約24時間の滞在となる。
今回はトヨタレンタカーでクルマを借りたのだが、送迎のバスには僕一人しか乗っていなかった。借りたのはスタッドレスを履いた4WDのヴィッツ。熊本でも(「Kumamoto 3/4 〜 『天空の道』からミルクロードを『かぶと岩展望所』へ」)ヴィッツを借りたけど、4WDモデルもラインアップされているとは知らなんだ。

ヴィッツに乗り込みカーナビの行き先を「宗谷岬」に設定し、ギアをDに入れて恐る恐るレンタカーの駐車場から道路に合流する。

IMG_0693
交差点でブレーキを踏んでみたら、ズルルルルーっとABSが作動して少し滑りながら止まった。怖い・・・

宗谷岬へは「宗谷国道」と呼ばれ、絶景で知られる道を左手に海を見ながら北上する。
右手に稚内空港が見えるところで写真を撮ろうとクルマを降りると、路面が雪ではなくアイスバーンになっており、トレッキング・シューズでもツルツルと滑って転びそうになった。
よくこんな路面を、あの重たいクルマが走れるもんだと、スタッドレスタイヤの性能にいたく感心した。

Wakkanai Snowy Beach
そのまま海岸へ。小径にはまだ誰の足跡もない新雪が10cmほど積もっていた。

Waves
今度はいつ来られるかわからない景色を撮るのなら、EOS 6DとDP2 Merrillを三脚とともに持って行こうと考えていた。
しかし、吹雪の中で撮ることになりそうだし、なんと言っても宗谷丘陵を始めとした観光地は冬季休業中のため、遠景のディテールを追い込むようなシチュエーションも無さそうなので、身軽さを優先してEOS M3+EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMとEF35mm F2 IS USMをリュックに入れて家を出た。
そして結果的にはこれで十分だった。

A driftwood
しつこいようだが、EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMは小さい割に優秀なレンズだ。M3のレンズ補正のアルゴリズムも良いのだと思う。いやぁすっかりEF 24-70mm F4L IS USMの出番が少なくなってしまったよ。

Fly to another way
飛ぶなと言わんばかりに地面を指す矢印たちに抗って空を目指す飛行機。
僕が乗って来た飛行機は無事に羽田へと向かったようだ。

IMG_0730
宗谷岬を目指して進んでいる間、目の前の景色はグレーと青、バックミラーの向こう側はセピア色だった。

IMG_0739

IMG_0741

IMG_0751
宗谷岬に到着。僕の他には若い男性の二人組しかいなかった。

IMG_0758
振り返るとセピア色。。

IMG_0773
ロンドンは北緯51度だそうで。

IMG_0779
風が強くて体感温度がとても低い。上下ともにかなりの防寒着を着込んでいたのでまだまだ余裕があったが、露出している手は写真を撮ったらすぐにポケットに避難させないと凍えて我慢ができない。手袋も必要だよな。。

IMG_0780
晴れていればこの向こうに樺太が見えるらしい。

IMG_0782
電光掲示板には「鹿の飛び出しにご注意ください」と。道路沿いにこの看板がしょっちゅう出て来るし、実際に日が暮れてから2頭の鹿に出くわした。

この日の日没は15:50ごろと早い。ホテルにチェックインする前に、ノシャップ岬より西側にある稚内の温泉施設「童夢」へ立ち寄るつもりだったので、宗谷岬を足早に立ち去った。

Wakkanai 2/3 〜 EOS M3で旅。12月の稚内で寿司。』へつづく>>>

0 件のコメント:

コメントを投稿