Itsukushima-Shrine ~ 厳島神社に行って来た

“うさぎの島”として知られるウサファンの聖地「大久野島」(『Okunoshima 1/2 ~ うさぎの島、大久野島へ上陸。』)を去ったその日は広島市内に宿泊し、翌日は朝から平和記念公園から原爆ドームを見学して厳島神社(Wikipedia)に行って来た。
厳島神社の大鳥居が海にせり出していることは画像を見て知っていたんだが、てっきり本州の陸地から歩いていけるもんだと思っていた。日本にある世界遺産だというのに、まだまだ知らないことも多いね(お恥ずかしい)。。
いざ行くとなれば情報はネットから山ほど入手できるので、詳細はそちらに任せてココでは軽〜く写真日記として記録します。

IMG_7622
JR宮島口駅から高速船に乗り、大鳥居を経由して宮島へ。宮島へは2社がフェリーを運行しているが、JRのフェリーは桟橋側に迂回した航路なので初めての観光には良い。もう1社は直通ルートなので所要時間が短く済む。


IMG_7631
宮島に到着。

IMG_7647
桟橋を出ると、いきなり鹿たちが出迎えてくれる。
人に慣れた鹿を撫でてみると、前日に触れたモフモフしたうさぎの毛の柔らかさとは対照的な、ごわっごわの固い毛に「可愛くないな〜」なんて思ってしまう。可愛いんだけどね。

IMG_7651
桟橋から厳島神社へ続く道。食べ物は牡蠣と穴子が有名らしい。

IMG_7661
腹が減ったので昼メシを食べに『牡蠣屋』(公式サイト)に入った。他に牡蠣を出す店は幾つもあり、そのほとんどが穴子料理も出していたが、ここが空いていたので入店。小洒落た店構えは好みではなかったが、苦味も変なクセもない牡蠣を使ったシンプルな料理は驚くほど旨かった。こりゃあ東京で中途半端な牡蠣を食べられなくなっちゃうよ。
写真の「かきめし」の他に「焼きがき」と「牡蠣フライ」、そしてビールを堪能。

Itsukushima-Shrine
砂浜に打ち上げられた湿った海藻の上で微睡む鹿。数時間後に島を出る頃に通ったら、まだここに居た。海藻をムシャムシャと食べていたけど、塩味が効いて美味しいのかな。

IMG_7686
世界遺産の大鳥居の下をジェットスキーで駆け抜ける不敬な連中。ぶつかったら保険の賠償範囲でまかなえるのか?

IMG_7699
角を曲がると厳島神社の全貌が見える。こりゃ荘厳だ。
この時点でかなり潮が引いている。

Itsukushima-Shrine
海に向かって開けた回廊。幾何学的に交差する白と朱のコントラストと、景色との組み合わせがなんとも異世界。

Itsukushima-Shrine
潮が満ちている時にも来たかったなぁ。

Itsukushima-Shrine
海側から本殿とその奥の山の上に建つ五重塔を望む。

IMG_7752
潮が引いた厳島神社の回廊から地面を見ると、そこかしこから蟹が顔を出して、せかせかと活動し始めていた。

IMG_7763
「宮島歴史民俗資料館」へ。最近、土地の歴史を知ったり、古民家を観ることが楽しくなってきた。ここはちょっと入場料が高いな〜と思いながら入ったが、途中でいかにもお金の掛かってそうな近代的な展示と建物が唐突に現れる不思議な構成だった。

IMG_7764
厳島神社より奥にある町並み。先ほどの民俗資料館や水族館へと繋がる道だが、厳島神社の手前の街が大盛況だったのに比べて、こちらはし〜んとしたムード。

IMG_7766
ふたたび厳島神社の山側の道を通って、山の上にある五重塔へ向かう。

IMG_7773
どこにでも鹿がいる。大久野島とちがって、こちらは餌付け禁止。ググってみると色々と議論があるようだ。

Blue Frog
道すがらに外国人観光客と日本人が輪になってしゃがんで騒いでいる。なにかと思って近づくと、輪の真ん中には真っ青なカエルが!ひぃっナニコレ!!なんてみんな口々にあーだこーだ言っている。
和の中の子供が恐る恐るカエルに歩み寄って、人差し指でツンと突くと・・・おもちゃのカエルだったというオチ。
この騒ぎが今回の宮島のハイライトだったかも。

Miyajima - Hiroshima
EOS M2の広角レンズで五重塔を下から仰ぐ。
飛行機の出発時間を考えるとそろそろ島を出なくてはならないので、山を降りてフェリー乗り場へと向かう。

IMG_7802
急いでフェリー乗り場へと向かう・・・はずが、潮が引いて大鳥居の下まで歩けるようになっていたので、フェリーを一本やり過ごして大鳥居まで行ってみた。

IMG_1128
これもEOS M2の広角レンズで。迫力あるな~。
ちなみにこの鳥居は、地中深くに基礎を打ち込んで支えているのではなく、基礎となる石の上に自重で乗っているだけだそうで、重量を増すために上部の木に石が多数詰め込まれているとのこと(Wikipedia)。

IMG_7836
フェリーを待つ間に、穴子の焼きちくわを買い食い。これで宮島の牡蠣も穴子も食べられた。

IMG_7837
宮島の地ビール(公式サイト)。爽やかな香りと苦味で、外で穴子ちくわを頬張りながら飲むにはぴったり。美味しかったよ。
なんてくつろいでいると、もうフェリーの出発時刻が近づいてきたので、慌てて船に乗り込んだ。

IMG_7843
フェリーで見かけた、日本一周をしているらしい練馬ナンバーのスクーター。
青春やのぉ。次はどこへ行くんだろうか。

てな具合に、駆け足で宮島観光を済ませて広島空港へ。
まだ一日しか経っていないのに、大久野島のうさぎ達が恋しくなって来た。
大久野島にはまた近いうちに行くぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿