Mt. Mitake 2/3 〜 御嶽神社から河鹿園へ

御嶽駅前のどこかでサッと昼食を取る予定だったので、少し腹を空かせて家を出て来てしまった。しかし観光案内所のおばさんに気圧され、メシも食わずに急勾配の坂と階段を登ったおかげで、山のてっぺんで猛烈に腹が減った。
時間はすでに15時前だが、旅館の晩飯は18:30と決まっているので、あまりガッツリとは食べられない。てことで、軽く盛りそばを食べるために参道の階段を急いで降りた。

<<<御岳山の一つ前の投稿はこちら

IMG_5377

降りるのは早いもので、あっという間に参道を通り抜けて先程のレトロな商店街に着いた。
ざっと見たところ、どこの店でも蕎麦は食べられそうだ。往路で元気な声を掛けてくれたお婆さんの店に入ろうとも思ったが、電動の石臼が回転しながら蕎麦を挽いているショーウインドウに惹かれて『紅葉家』さんの暖簾をくぐる。演出って大事よね。
ビールを頼んだらアテに蕎麦味噌が付いてきた。程なくして出てきた蕎麦を急いで食べ、3時間後の晩飯に向けて、腹ごなしがてらに(ケーブルカーを使わず)歩いて下山。

Winding path
ケーブルカーの御岳山駅へと続く道を逸れて、この道を歩いて麓にある滝本駅へと向かう。

IMG_5405
空の方角だけに枝が伸びている。

Roots
動きを感じさせる艶かしい根っこ(だったもの)。

IMG_5412
途中でケーブルカーに遭遇。

IMG_5427
蕎麦屋を出てから1時間ほどで滝本駅に到着。距離はそれほどでもないが、急勾配のためにゆっくりとしか歩けない。

Mikage shrine
JR御嶽駅行きのバス停の隣にある神社。

IMG_5433
行きも帰りも出発の1分前に到着。運が良い。

IMG_5508
御嶽駅のバス停に到着。河鹿園(公式サイト)はバス停のすぐ隣にある。

IMG_5511
河鹿園の入り口。
よく温泉旅館の前とかに、その日に宿泊する団体名が書かれた札がずらっと掲げられているスタメンボードみたいなものがあるんだけど、この旅館にもそのスタメンボードあってそこに自分の名前が掲げられていたのを見た時にはちょっと照れた。

IMG_5512
レセプションではなくて御帳場です。

Japanse-style inn
川に面した建物は「峡の宿」というらしい。我々は山側の建物で、そちらは料亭を改築して宿にしているとのこと。

IMG_5480
チェックインして軽く荷解きをしたが、晩飯までにはまだ少し時間があるので宿の周りを散策した。

IMG_5478
庭に咲いていたツツジ。

IMG_5482
庭を下って多摩川に沿って走る遊歩道へ。

IMG_5487
上の写真の川側から宿を見上げたところ。

IMG_5489
この遊歩道は、草花が美しく生えていて、散歩するには素晴らしい道だ。

IMG_5506
大きな岩の前に若い男女数名のグループが、複数のマットレスを背負って集合していた。なにかハレンチなことでも始めるのではないかと様子を伺っていたら、ボルダリングというかロッククライミングの練習のようなことをしていた。

気づくと晩飯まであと30分。その前にひとっ風呂浴びたいので、急いで部屋に戻る。

御岳山の次の投稿はこちら>>>

0 件のコメント:

コメントを投稿