Mt. Mitake 1/3 〜 御嶽駅から御岳山へ

御嶽駅から御岳山を経て武蔵御嶽神社に登り、御岳山を降りて御嶽駅近くの旅館に泊まって来た。
日本には「御岳山」または「御嶽山」と名の付いた山が26もあり、それぞれ「おんたけさん、みたけさん、みたけやま、みたきさん、みだけやま、おたけやま」と呼ばれるらしい(Wikipedia)。
今回訪れた御嶽駅と御岳山はどちらも「みたけ」と発音するけど、アメリカ人は「Mitake=マイタケ」と発音するかもしれない。いや、「マイテイク」かな。
どっちでも良いんだけど。

Oume Line 青梅線
最近仕事が忙しくて週末も働き詰めだった妻が、珍しく週末に時間が取れそうだと言うのでリフレッシュがてら一泊旅行に出掛けることにした。卒業旅行シーズンが終わったせいか、伊豆も箱根もホテルの空室が増え(その前週までは日本全国的に空室が少なかった)、宿泊料も平時並みに落ち着いてきたし、川奈ホテル(前回の投稿)もリーズナブルなプランに空きがある。しかし、あまりにも観光地らしい場所に行くのも疲れるということで、今まで選択肢にはなかった奥多摩の旅館を予約した。
奥多摩に泊まるのも、東京で旅館に泊まるのも初めてのことだ。

IMG_5261
青梅線に乗るのも初めてだ。都内の桜は散り始めたが、ここではまだ元気よく咲いていた。

Mitake Stn. / 御嶽駅
御嶽駅を降りたところで、ワサビ関連商品(ざっくり)の売店が出ていた。

The Wasabi flower / 花わさび
花わさびって、こんなお姿だったのね。
ちょうどこの2日前に、焼き鳥屋で「花わさびのおひたし」を食べたところだった。

IMG_5274
例のごとくノープランで家を出たので、まずは駅前の観光案内所へ。クマが出没しているらしい。
入るなりスタッフのおばさんに「ケーブルカーに乗るの?もうすぐケーブルカーの駅に向かうバスが出発するよ!」と捲し立てられる。
僕「え、ケーブルカーに乗った先には何があるんですか?まずはここらへんでご飯は食べられないんですか?お腹が空いたんです」
おばさん「(すぐ近くを指差して)ラーメン屋がある」
僕「ラーメン!奥多摩といえば蕎麦じゃないですか?ここら辺に蕎麦屋はないんですか?」
おばさん「この辺で食べると2〜3千円も取られちゃうから、ケーブルカーに乗って上で食べてよ。目の前で手打ちもしてくれるのよ。手打ち蕎麦、わかる?Understand?見たことある?バスもケーブルカーもSuicaが使えるようになったんだから!歩くと1時間も掛かるんだから!バスはあと1分で出発するから、手を振りながら運転手さんに合図して!そしたら待ってくれるから!あんたより奥さんが手を振ったほうが良いよ!運転手さんも男だから!!!」
僕「お、おぅ」

IMG_5290
なんでそこまで執拗に登坂の一択を勧められるのかは図りかねたが、人の出入りの少ないコミュニティには様々な力学が働いているのだろう。ともかくバスには乗ることができ、ケーブルカーの駅へと慌ただしく辿り着いた。バスに乗っていたのは15分程度だが、とても歩いて登れそうにはない急な坂道だった。

Cable car
御岳登山鉄道(公式サイト)。この駅まで運ぶバスは西東京バスだったが、どちらも現在は京王電鉄グループのようだ。このケーブルカーも、かなりの急勾配をぐいぐいと進んでゆく。

IMG_5309
ケーブルカーの終着駅を降りてすぐ目の前には、さらに上へと向かうリフトがあるのだが、この日は運休していた。特に予定もしていなかったし、ただトコロテンのように押し出されてここまで来ただけなので、なんの情報も持たずにトボトボと山頂の武蔵御嶽神社(Wikipedia)を目指して歩く。

IMG_5317
なかなか迫力のある木造家屋。ここも東京都です。
この周辺には宿坊も点在する。

IMG_5320

IMG_5386
朽ち果てそうな診療所。看板によると週に2日だけ診療しているようだ。

Holy wood
武蔵御嶽神社の参道の入口に広がる商店街の、さらに入り口に現れるご神木。ここは山岳信仰の霊場でもある。

御嶽神社
参道へと続く商店街、というか休憩所と土産物店が集まった通り。

IMG_5333
懐かしい看板が。写真を撮っていると、お婆さんが奥から大きな声で「キレイに撮ってね!」と声を掛けてくれた。

IMG_5367
不思議なカラーリングの店。ムササビグッズも豊富に取り揃えている。

IMG_5332

ペット用
さて、ここからが参道。武蔵御嶽神社は犬を祀っていることから、願掛けのために犬を連れた参拝客も多いらしい。

IMG_5362
なかなかきつい急勾配が続く。
ふと見ると、犬をあしらったベンチが。他にはカッパバージョンのベンチもあった。

IMG_5347
運動不足の身にはタフな坂道だったが、意外とあっさりと神社に着いた。

Guardian dog of Mitake Shrine
雄々しい狛犬。
11時過ぎに都内を出て、ここまで特にロスタイムもなく移動して現在14:30。ケーブルカーを降りて、まだ30分程度しか経っていないが、我慢できないほど腹が減った。

御岳山の次の投稿はこちら>>>

0 件のコメント:

コメントを投稿