SSD Conversion 〜 MacBook Air 2011MidのSSDをJetDriveに換装

それまでは毎年のようにWindowsマシン(パーツ)を買っては組み立てたり売ったりしてたけれども、Macbook AirのMid 2011のパッケージングがあまりにも素晴らしすぎてMacに乗り換えてから、三年半経ってもまだまだ現役で使えるので乗り換える気が一向に起こらない。

IMG_3468
写真中央がJetdrive

ただ(最新のマシンと比べるせいか)動きがもっさりしてきた感は否めないので、以前から噂になっていた(『3年前のMacBook Airをたった5分で爆速に変身させる大容量SSD』)Jetdrive(公式サイト)が気にはなっていたけど 、まだSSDの容量に余裕があったので「次期MBAがRetinaを搭載したら買い替えかな」とぼんやりと考えていた。
が、写真を撮りだしてRAWデータを貯め込むとあっという間にストレージが厳しくなってきたので、次期MBAを待たずにJetdriveの240GBを買うことにした。2年前に再起動を繰り返す不具合でロジックボードを3万円ほど掛けて修理したこともあり、まだまだこのMBAには頑張ってもらわなければいけないし。。
ということで換装。付属のインストラクション通りにすればめちゃくちゃ簡単。
2011モデルまではインタフェースがSATA3.0(6Gbps)なのに搭載しているSSDがSATA3Gbpsというストレージの強制ボトルネック仕様になってたため、換装後はかなり挙動が軽くなった。ということで、モニタが逝くまではあと3年ぐらい頑張ってくれるかな? でもそのうちバッテリも交換したりして、結局修理と改造費の合計で新品を買えるんだろうな・・・などとは考えないようにする。。
それにしてもApple製品は毎度のことながら、外装の意匠よりも分解した時に出会うパーツ群のレイアウトの美しさに感動しますな。

0 件のコメント:

コメントを投稿