Ducati Multistrada 1100S 〜 ムルティのオイル交換

前回のオイル交換から半年が経過したので、ドゥカティのオイル交換に行って来た。
(追記:売却しました。『Multistrada 1100S 〜 さようなら』)

GR021500
奥に見える緑色のニクいヤツは、もう一台の愛車であるKAWASAKIのスーパーシェルパ(Wikipedia)。

このドゥカティは昨年5月に家の近所の中古バイク店で買ったんだけど、その店が「買い取ったバイクを素早く安く売る」というビジネスモデルのため、相場と比較してかなりお買い得ではあったものの購入後のメンテなどの面倒は見てくれない。(車検は「通すだけのコース」で安く引き受けてくれた)

GR021523
愛車はMultistrada 1100S(Wikipedia)の2008年モデル。購入時の走行距離は約14,000Kmで現在は約18,000Km。このインパクトあり過ぎる顔つきのせいで、市場では全く人気がないというか(どちらかと言うと)評判が悪いモデルなのだが、個人的には「愛嬌のあるやつだなぁ」と贔屓目に見ている。このモデルの存在はBMWのR1200STに似ているのかもしれん。

ドゥカティの整備に関しては、NAP'Sなどの用品店では純正パーツが無いことと、汎用品の交換でもドゥカティ専用の工具が常備されておらずに対応できないケースが多いため、安心して維持するためには多かれ少なかれ正規ディーラーとの付き合いが必要になってしまう。最近の外車のバイクはどれもそうなのかもしれない。

そういうわけで、購入後すぐに杉並のディーラーで点検をしてもらい、8月には練馬のディーラーでオイル交換をしてもらったんだけど、どちらも対応がよろしくなかったので(特に練馬はひどかった)今回はドゥカティ東京大田に持ち込んだ。オイル交換だけなら用品店や小さなファクトリーでもできるが、今後の重整備を想定した「付き合えるディーラー」探しも兼ねて。

GR021521
実は我がドゥカティの前のオーナーが、このディーラーの系列店で新車購入していたことを知っていたので、たとえ他所で買った中古でもちゃんと診てくれないかなぁと期待をしつつ予約。

GR021522
サービスファクトリーは2階にあるので、リフトによって垂直に連行されていく。

オイル交換はあっという間に終了。
今後の整備予定などを軽く話しただけだけど、メカニックのお兄ちゃんもフロントスタッフも対応が好印象だったので、次回の12ヶ月点検からココにお世話になろうと思った。

ちなみに今回のオイルとフィルター交換の費用は以下の通り。
工賃・・・3,000円
オイル(SHELL ADVANCE ULTRA4)・・・@3,400円×3.4L=11,560円
フィルター・・・1,950円
油脂消耗品代・・・300円
----------------------------------------------------------------------------------
小計・・・16,810円
消費税・・・1,344円
合計・・・18,154円

まぁ、国産のバイクと比べると高いよね。とにかくオイルが最高級品だけあって高いけど、0.1L単位で計算してくれているので良心的ではある。 某ディーラーでは何やら不明な料金が加算されていたり、ナンバー灯が切れてるからと何の相談もなく交換して請求されてたからな。

てことで、春が来て花粉の飛散がおさまるのが待ち遠しくなってきた。

0 件のコメント:

コメントを投稿